羽生棋聖、史上初の「永世七冠」達成

将棋の羽生善治棋聖(47)が5日、史上初の「永世七冠」を達成しました

第30期竜王戦七番勝負で渡辺明竜王(33)を4勝1敗で破り、通算7期目の竜王を獲得

永世竜王の条件を満たしたことで、規定がある七つのタイトル全てで永世称号を手にしました

dims

若手相手に、王座、王位と連続で失冠し、棋聖のみとなっていた羽生さん

10年近く、将棋ファンの間では「もう無理だろう」と言われていた竜王への復位

まさに神がかり的な復活劇です

キャプチャ

実際には、王座戦、王位戦を捨ててでも竜王戦に賭け

研究手を温存しておいたようにも思えます

unnamed

永世竜王 :連続5期または通算7期
永世名人 :通算5期
永世王位 連続:5期または通算10期
名誉王座 連続:5期または通算10期
永世棋王 :連続5期
永世王将 :通算10期
永世棋聖 :通算5期

タイトルに挑戦することすらできない棋士がほとんどの中

永世七冠達成は本当に凄いことです

次はタイトル100期が目前です

スタッフ斎藤

投稿日:2017年12月5日

ミュウツーレイドでミュウツーをゲットする ポケモンGO

昨日は待望のミュウツーのEXレイドでした

日曜日は15時で営業終了の為、即帰宅

西ベニへ向かうことに

IMG_8521

40人以上は人が集まってた感じです

私は15人のグループに参戦

IMG_8522

見事1球で捕獲完了(”ω”)

IMG_8523

個体値87%のまずまずの強さ

折角なので、MAXまで強化しちゃいました( *´艸`)

次にミュウツーをゲットできるのはいつになることやら

スタッフ斎藤

投稿日:2017年12月4日

出世城こと浜松城へ

前回のブログの続き

http://makothomas.com/?p=23695

浜松へ研修に行った際、出世城こと浜松城へ行ってきました。

浜松城の歴史

https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/facility/history.html

以下、上記サイトからの引用

三方ヶ原の合戦は、元亀3年(1572)、武田信玄と徳川・織田連合軍が浜松市郊外の三方ヶ原台地で激突した戦いで、家康の生涯で最大の敗戦と言われています。武田軍3万人に対して家康軍はわずか1万人足らず。これでは勝負にならないと兜を脱いだ家康は、家臣に化けて命からがら浜松城に逃げ帰ったのでした。城に帰った家康は、敗戦直後の意気消沈した自分の顔の絵を描かせ、生涯この絵を大切にし、敗北を自戒したと伝えられています。

引用おわり

天下を取った家康公も、敗戦直後の自分の絵を大切にし、敗北を自戒し続けたというエピソードが印象的ですね。

若き日の徳川家康公の銅像

敗戦をバネに成長し続けたいものです。

山岸誠

投稿日:2017年12月3日

ポケモンGOにてミュウツーレイドに参加

ミュウツーレイドに参加することになりました

ようやく呼ばれた感じです

96ed4aa8c26d49a40038a30b91ef36ca

私よりもポケモンGOやっていない人が呼ばれたりと

基準がよく分からなかったです

IMG_8427

場所と日時は、どうやら大丈夫

当日、きちんと捕獲できるかが問題ですね(;´∀`)

スタッフ斎藤

投稿日:2017年12月2日

福島市太田町の自家製麺「くをん」にて「辛つけ麺」をいただく

 空いてたので久し振りに「くをん」さんへ

IMG_4588

つけ麺しか残っていなかったので

まだ食べたことのない辛つけ麺をオーダー

IMG_5055

とても辛い物が食べれなくなった私が、食べれそうな感じの見た目

IMG_5056

極太ストレート麺、角切りチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、海苔、辛子

水でしめられた麺はソフトな弾力ながらも、まるでうどんの様なモチモチ感とコシ

動物系のダシの旨味、カエシの甘味や酸味、黒コショウ・香味油を強く出しています

大量の浮き油のため、相変わらず奥まで浸さないとタレが楽しめません

味はいつも通り、酸っぱくて、辛くて、しょっぱい!

肉塊チャーシューも旨味抜群で食べ応え十分

今回は、スパイシーな辛つけ麺なので汗をかきながらいただきました

ジャンクでパンチの効いたつけ麺です

スタッフ斎藤

投稿日:2017年12月1日

福島市御山町にて丸まる猫達に出会う

久し振りに御山町の方までジョギングしてきました

そこにはまん丸に丸まった猫二匹

IMG_6830

暖かそうです(*’ω’*)

IMG_6831

角度を変えて撮影したら、やっぱりバレちゃいました

猫と猫の間に挟まれたいですね

スタッフ斎藤

投稿日:2017年11月28日

出世の街、浜松へ

先日、出世の街、浜松へ初めて行ってまいりました。

当社の賃貸部のメンバーと一緒に、

浜松で成功されている某不動産会社さんを訪問させていただき、賃貸事業の勉強をさせていただきました。

※社名を掲載する了解をもらってなかったので、某不動産会社とさせていただきます。

 

今回初めて浜松を訪問するにあたり、情報をいろいろと調べてみて、

浜松が「出世の街」ということを知りました。

 

shussenomachi_1

 

なぜ、浜松が出世の街なのか?

最大の理由は、徳川家康公を筆頭に、歴代浜松城主の多くが出世したからのようです。

 

以下、浜松市ホームページから引用。

出世とは・・・

徳川家康公は、浜松で29歳から45歳までを過ごし、天下人となるための礎を築きました。

その後の歴代浜松城主も、江戸幕府内で目覚ましい出世を果たしました。
現代になると、ものづくりのまち浜松からは、やらまいか精神のもと世界的な企業が次々に誕生していきました。

また、浜松には、うなぎや餃子をはじめとする人の活力となる食があります。
そして、海・山・湖・川・森林など人の心を癒す自然があります。
こうした浜松のパワーは、人々のやる気を呼び起こす原動力になっています。

出世とは、決して働く人のためだけの言葉ではありません。
自らを成長させ、夢を叶えること。
目標に向かって努力を重ねること。
生きがいややりがいを持ち、幸せになること。

それが浜松の“出世”です。

出世を目指すすべての人たちによって浜松はますます活気あふれるまちになります。

以上、引用。https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/cp/shusse.html

 

「浜松の出世」の意味(太字にした部分)が、とても素敵ですね。

当社も浜松の地で学んできた事を生かし、「浜松の出世」を成し遂げたいと思います。

 

せっかくですので、浜松城にも行ってきました。その写真は次回掲載したいと思います。

山岸 誠

投稿日:2017年11月26日

ラーメン以外にも外食を

毎日ラーメンばかり食べてるイメージの私ですが

ラーメン以外にも外食をすることがあります

レガーロ

午前中は仕事が2件入っていたので、終了後に休日開始

お昼は、ひょんなことから生パスタのお店REGALOさんへ

IMG_8408

こってりカルボナーラをオーダー

IMG_8409

目の前で振りかけられたチーズが粉雪のように(*’ω’*)

チーズ好きには堪りません

IMG_8406

そしてピザ。マルガリータでしょうか?

3ピースも頂きました

オッサンはお腹いっぱいです(;´∀`)

レパコ

夜ご飯はレパコさんへ

IMG_8410

アイスコーヒーとチーズタルトという怪しげな夕食

お腹が減っていなかっただけですが(‘ω’)

IMG_8413

周りでは謎の食べ物が鎮座しておりました

オッサンには食べ方すらよく分かりません(;´・ω・)

チーズばかり食べていましたが、とても楽しい一日でした

スタッフ斎藤

投稿日:2017年11月25日

福島市栄町の「麺屋くさび」にて「魚節豚骨麺」をいただく

 ドロドロしたものが食べたくなって移転した「くさび」さんへ

IMG_5969

以前の近所にある建物奥に店舗を構えるようになりました

IMG_5972

本日はこだわり麺より選択

IMG_5974

魚節豚骨麺(760円)+ネギチャーシュー飯(290円)

IMG_5975

中太縮れ麺、チャーシュー、味玉半分、メンマ、刻み玉ネギ、海苔

黒くてドロッとした濃厚スープ

ギトギトの脂が目を惹きますが

魚介出汁と豚骨出汁のスープバランスが良いです

節がかなりの香りです

味も濃いめの豚骨醤油

今回はチャーシュー飯のご飯がカッチカチになってなかったので良かったです

スタッフ斎藤

投稿日:2017年11月21日

福島市東中央の横浜家系「龍」にて「家郎ラーメン」をいただく

 引っ越したら「横浜家系 龍」さんへ近づいたので訪麺

IMG_5706

家郎ラーメン(880円?)に挑戦

IMG_5704

チャーシューを盛り忘れた様子

別皿で登場

IMG_5705

ヤサイ、ニンニク、辛揚げの量が選べます

中太麺、肩ロース3枚、煮卵、モヤシ、キャベツ、鰹節、ピリ辛揚げ玉

茹で加減硬めで短めの麺はコシがありモチモチ

チャーシューは薄めの味付で歯応えがあり、噛み切りにくいです

豚骨の旨味を活かしたまろやかスープ、鶏の香り弱め

油多めで、家系ベースですので非常に濃厚です

この時はニンニクを入れれなかったですが、次は大量にニンニクを入れます(*’ω’*)

スタッフ斎藤

投稿日:2017年11月20日