福島市松川町の麺処あんかつにて辛いまぜそばをいただく

実家に帰る途中で久しぶりの訪麺

お盆の入りくらいでしたが、お客様が一組と、運が良かったです

DSC_0023

19時くらいだったでしょうか?

実際には画像よりは明るかったですが、既に真っ暗でした

DSC_0017

メニューを眺めると、やはり写真があるものに目が行きますね

DSC_0018

前回は醤油でしたが、つけ麺も気になっていたところでした

DSC_0019

辛いものが急に食べれなくなったため、かなり迷いましたが

「別皿に出すことも可能」というお気遣いをいただきまして

辛いまぜそばをオーダー

DSC_0020

辛いまぜそば(唐辛子別皿)800円

麺200グラム、もやし200グラムのボリューム

太めのモチモチした麺がツルツルっと口の中へ入ってきます

しゃきしゃきとしたモヤシの食感も良いです

汗が大量に滴り落ちてくる程、旨辛感のある辛さ

なお、唐辛子は半分くらいまでが私の適量でした

スタッフ斎藤

投稿日:2016年8月27日

福島市吉倉の伊藤商店にて朝ラーをいただく 朝らーめん

8月から営業を開始した伊藤商店さんへお邪魔しました

宮城で喜多方ラーメンをチェーン展開し、福島に逆上陸したお店です

伊藤

このお店の特徴は朝7時~15時までが営業時間であることと

やはり、朝ラーがいただけるということです

オープン直後の会社定休日に訪麺した時は、伊藤商店さんが定休日でした…

DSC_0027

さて、出入り口のメニューを見るとなかなか種類が豊富

お値段もなかなかのものがあります

DSC_0026

私が訪麺した時は、9時30分くらいでした

朝10時までしか朝ラー(500円)をオーダーできませんので迷わずオーダー

DSC_0025

白醤油を使い、塩ラーメンのような色のスープ

あっさりまろやか、優しい感じのスープです

麺はモッチリとした平打ち縮れ麺

赤身の旨みと脂身の甘味のあるチャーシュー、薄味弱めの食感のメンマ、海苔、ほうれん草、ネギ

ワンコインでいただける喜多方ラーメン

朝一番に食べに行くのも良いかもしれません

スタッフ斎藤

投稿日:2016年8月22日

麺処 若武者 二本松市本町「次世代特濃旨辛鶏台湾ラーメン」Yahoo!東洋水産 ラーメン決定戦

またやってきました、最強の次世代らーめん決定戦

今回で第8回です

若武者

昨年準優勝に甘んじた二本松市の若武者さんですが

優勝を目指して再挑戦です

DSC_1033

平日の13時前くらいで、外待ちの人はいらっしゃいませんでしたが

中に入ると、椅子いっぱいの待っているお客さんが…

DSC_1032

注文したのはもちろん『次世代特濃旨辛鶏台湾ラーメン』+味付玉子

※投票した画面を見せると、味付玉子をサービスしていただけます

1年くらい前から辛い物が急に食べれなくなった中年男性ですが

今回はとても美味しく食べれました(*´ω`)

⇩⇩ 投票はコチラ ⇩⇩

若武者2

3日間炊き上げた超濃厚な鶏白湯スープを醤油味ベースに、

甜麺醤、豆板醤、ニンニク、生姜で味付けした特製豚挽き肉とニラを合わせました。

鷹の爪で作った辛さと香りが抜群の香味油に鶏白湯スープと辛さが抜群にマッチ。

名古屋発祥の台湾ラーメンの、鶏白湯バージョンです。とのこと

今度は優勝という形で、再び若武者のラーメンがカップ麺化されることを望みます

スタッフ斎藤

投稿日:2016年8月10日

福島市松川町の 中華蕎麦こばや にて煮干中華蕎麦を食す

画像を整理していたら出てきました

JR金谷川駅の前にある「こばや」さん

3月に初訪麺しました

こばや

以前は「うからやから」さんだった店舗で新しく開業したこばやさん

この日もお客さんが多く、私が出るときには外まで並んでいました

DSC_0511

きっちり手揉みしている麺

粉の散乱具合から、激闘のあとが窺えます

DSC_0512

日替御飯も食べたかったのですが

だいぶ太ってきていた時期だったので煮干中華蕎麦のみをオーダー

DSC_0513

着丼と同時にそれと分かる煮干しの黒いスープ

芳ばしい香りが凄いです。ベースは鶏ガラで無化調

大量に使われた煮干し特有の臭みがありません

麺は全粒粉の太縮れ麺

チャーシューは低温調理の方がハーブと岩塩の味付けモモ肉と肩ロース

鶏も豚も野菜も地産地消に拘ったお店です

DSC_0515

スタッフ斎藤

投稿日:2016年7月25日

福島市小倉寺の中華そば屋「佐藤」にて中華そば+半熟味付玉子を食す ラーメン

福島市小倉寺にある、白河ラーメンが食べられるお店。中華そば屋佐藤さん

ラーメン屋さんは水曜定休日が多いため、非常にありがたいお店です

二回目の訪麺となりました

DSC_0776

今回は、中華そば(680円)+半熟味付玉子(100円)

DSC_0775

変わらずの澄んだスープ

自家製平打ち縮れ麺に、炭で燻したチャーシュー

白河らしい醤油が香り、動物系スープとマッチ

麺、スープ、具材、懐かしさを感じさせてくれる優しい味

前回来た時よりも、麺が私好みの堅さになっていました

スタッフ斉藤

投稿日:2016年7月11日

福島市伏拝の水曜軒で徳島中華そばを食す 本丸 裏暖簾

斎ザップ60日間チャレンジで減量中でしたが

最終日前日である昨日、水曜軒さんで徳島中華そばいただきました

DSC_0962

いつもは完熟らーめん本丸さんですが、水曜日は裏暖簾で営業しています

表の看板には徳島「流」の文字

本場のものを食べたことが無いので違いは分かりません(*´ω`)

DSC_0964

徳島中華そばと裏徳島中華そばなるものが

ここ最近、急に辛い物が食べれなくなったのでノーマルをオーダー

DSC_0963

今は夏限定の冷やしらーめんもあるみたいですね

DSC_0965

お昼も過ぎていたので、それほど待つこともなく着丼

豚バラ肉、モヤシ、小口ネギ、そして丼の真ん中には卵黄と、テレビで見かけるような徳島ラーメンです

麺は中細ストレート麺、滑らかで、プツンと歯切れる食感

メンマは大ぶりな味付け濃いめの穂先メンマ、見た目ほど濃くないスライス豚バラ肉

スープは、すき焼きのような甘みのある濃厚さですが

小口ネギで爽やかさを演出し、しつこくし過ぎないようになっています

中華そばの品名ですが、独特なカエシの豚骨醤油といったお味です

ライスを付けるのがデフォなのがうなづけます

スタッフ斎藤

投稿日:2016年6月30日

白河市双石の とら食堂 にて焼豚ワンタン麺を食す

白河ラーメンの本場、とら食堂さんにお邪魔しました

DSC_0808

行こうと行こうと思っていましたが、ついに伺うことができたとら食堂

DSC_0794

待っている間に店舗南側の光景を見ると、とってものどかな場所です

30台くらいの車は停まっていたようです

DSC_0800

意外に回転が速く、待ち時間もそれほどではありませんでした

メニューはやはり中華そばのみ!と思いきやつけ麺もある様子

折角なので、焼豚ワンタン麺をオーダー

DSC_0802

メニュー裏にはおみやげ生ラーメンなるものが・・・

こちらは道の駅やコラッセの一階でも販売されていますね

DSC_0804

焼豚チャーシュー麺が着丼!

なかなかの存在感です

DSC_0806

こちらは手打ち中華そば

とら食堂の印字がされており、一目でとら食堂と分かりますね

正直、私は本場よりインスパイアのお店の方が好きなことが多いので

味に期待をせずに食べに行きました(;´ω`)

が・・・旨い・・・

琥珀色の済んだ鶏出汁で、優しい感じですがしっかりとコクのあるスープ

麺は手打ちの平麺で、白河ラーメンの幅広の柔らかいイメージとは離れ

あまり幅がなく、いい茹で加減でツルツルモチモチ

チャーシューも味付けがしっかりしており、モモ肉特有の歯ごたえもあります

ワンタンも下味が良し、ひき肉の食感も良し

海苔も磯の香りが凄いです(・∀・)

DSC_0801

おいてある調味料の、刻み玉ねぎとラー油が目を引きました

投入すると、刻みネギはさっぱりした感じに仕上がり、ザクザクとした食感も良いです

ラー油に関しては、別のラーメンになってしまう感じです(◞‸◟)

行くのはなかなか大変ですが、機会があればまた食べに行きたいと思います

今まで食べた白河ラーメン(といっても4店舗ですが)で一番美味しかったです(*’ω’*)

スタッフ斎藤

投稿日:2016年6月11日

伊達郡国見町の田舎屋(でんしゃや)にてにごり中華そばを食す

国見町での取引が終わりを迎えるころ

国見町の田舎屋さんでラーメンをいただきました

DSC_0549

コープさんのすぐ近くです

作っているのは年配のご夫婦でしょうか?

町役場のパンフレットに載っていたのでついつい訪麺

DSC_0552

昼時ということもあって、中はかなり混雑していました

メニューもいろいろありましたが、限定品につられて「にごり中華そば(700円)」を注文

DSC_0551

いい意味で、想像していたものは全く違ったラーメンが到着

濁りというのはチャッチャ系背脂のようです

具はバラ肉ロールタイプのチャーシュー、メンマ、ネギ、カイワレ

背脂がドロドロではないためクドくなく、あっさり醤油スープ

麺は中華そばという感じの素朴な中太麺

国見ブラックと呼ばれる魚介和だし中華そばも食べてみたいです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年5月27日

福島市鳥谷野のラーメンコングにてラーメン中を食す

福島市鳥谷野のラーメンコングさんにお邪魔しました

以前はラーメン大力王で、その後にラーメン〇☓△さんだった店舗です

DSC_0667

黄色い看板、大量の麺

見るからに二郎系と言った感じでしょうか・・・

DSC_0668

総重量1.5キロを20分で完食すると無料とのこと!

罰ゲームかな?

壁を見ると複数人が既に成功しているようです( ;一一)

DSC_0669

オーダーは券売機から~

聞いたところによると、茹で上がった後の麺の重さらしいので

ラーメン中(麺500g)を注文!(*´ω`)

さっきのチャレンジメニューは1500円みたいですね

DSC_0670

オーダー後に厨房を眺めていると、きちんと麺を手揉みしている模様

麺も太めの平打ち麺で、モヤシやキャベツが無い!

あれー二郎系じゃないのかな?と思いつつ待つことに

DSC_0673

スープをいただくと鰹節の魚介系でしょうか?アッサリしながらもコクがある、意外なお味‥

麺も全粒粉の多加水麺みたいでしたが、太さが不均一。白河ラーメン多くに見受けられるような麺です

しかもこの量で、ニンニクを入れるのが前提のガッツリ系

スープ・麺・見た目がいろいろなベクトルのラーメンです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年5月23日

郡山市桑野のラーメン亭三番にて、とんこつチャーシュー麺をいただく

郡山市桑野のラーメン亭三番さんへ初方麺

DSC_0638

2年前から店主が変わり、とんこつ中心のメニュー編成にしたそうです

奥に駐車場も複数台あるため、利用しやすいです

とんこつラーメンがメインなので豚骨チャーシュー麺をオーダー

DSC_0636

変な言い方かもしれませんが、きちんとした豚骨ラーメンが着丼

最近は、醤油豚骨や塩豚骨などが多いため、

これぞ豚骨ラーメン!という感じの豚骨ラーメンは久しぶりでした

ネギ、キクラゲ、のり、炙ったチャーシューが良い香りを醸し出しています

麺は細麺で、とんこつラーメンには珍しくややモチモチ感があります

背油ものっており、スープ自体は甘めでまろやか

こってりといった感じではありません

郡山はなかなか行く余裕はありませんが、郡山でとんこつラーメンが食べたくなったらまた伺います

スタッフ斎藤

投稿日:2016年5月13日