福島市鳥谷野のラーメンコングにてラーメン中を食す

福島市鳥谷野のラーメンコングさんにお邪魔しました

以前はラーメン大力王で、その後にラーメン〇☓△さんだった店舗です

DSC_0667

黄色い看板、大量の麺

見るからに二郎系と言った感じでしょうか・・・

DSC_0668

総重量1.5キロを20分で完食すると無料とのこと!

罰ゲームかな?

壁を見ると複数人が既に成功しているようです( ;一一)

DSC_0669

オーダーは券売機から~

聞いたところによると、茹で上がった後の麺の重さらしいので

ラーメン中(麺500g)を注文!(*´ω`)

さっきのチャレンジメニューは1500円みたいですね

DSC_0670

オーダー後に厨房を眺めていると、きちんと麺を手揉みしている模様

麺も太めの平打ち麺で、モヤシやキャベツが無い!

あれー二郎系じゃないのかな?と思いつつ待つことに

DSC_0673

スープをいただくと鰹節の魚介系でしょうか?アッサリしながらもコクがある、意外なお味‥

麺も全粒粉の多加水麺みたいでしたが、太さが不均一。白河ラーメン多くに見受けられるような麺です

しかもこの量で、ニンニクを入れるのが前提のガッツリ系

スープ・麺・見た目がいろいろなベクトルのラーメンです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年5月23日

郡山市桑野のラーメン亭三番にて、とんこつチャーシュー麺をいただく

郡山市桑野のラーメン亭三番さんへ初方麺

DSC_0638

2年前から店主が変わり、とんこつ中心のメニュー編成にしたそうです

奥に駐車場も複数台あるため、利用しやすいです

とんこつラーメンがメインなので豚骨チャーシュー麺をオーダー

DSC_0636

変な言い方かもしれませんが、きちんとした豚骨ラーメンが着丼

最近は、醤油豚骨や塩豚骨などが多いため、

これぞ豚骨ラーメン!という感じの豚骨ラーメンは久しぶりでした

ネギ、キクラゲ、のり、炙ったチャーシューが良い香りを醸し出しています

麺は細麺で、とんこつラーメンには珍しくややモチモチ感があります

背油ものっており、スープ自体は甘めでまろやか

こってりといった感じではありません

郡山はなかなか行く余裕はありませんが、郡山でとんこつラーメンが食べたくなったらまた伺います

スタッフ斎藤

投稿日:2016年5月13日

ラーメン 麺厨房武蔵(たけくら) 鶏白湯ラーメン 福島市永井川 不動産

南福島駅前の麺厨房武蔵さんへ

昨年10月末にオープンしたお店です

DSC_0544

店内はカウンター席6つと、4人掛けのボックス席1つですが

空き空間が多く広く感じます

鶏白湯ラーメンに味玉を注文(750円+100円)

DSC_0542

盛り付けも色鮮やかでとてもきれいに

今どきのお洒落なラーメンって感じがしますね

DSC_0543

黒い丼で、形もとても個性的な器となっています

豚バラの炙りチャーシュー、メンマ、ネギ、ブロッコリー、パプリカ赤黄、スプラウト

チャーシューは一部カリカリに仕上げられ、香ばしさが印象的です

麺は中細のストレートタイプで、最後の方までしっかりとした噛み応えを楽しめます

最近多い、油多め・濃厚なコッテリ白湯スープとは違いアッサリした感じに仕上がっています

女性にも合いそうなラーメン店ではないでしょうか

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月26日

ラーメン 實(みのる) 福島市瀬上町 醤油ラーメン 不動産

昨年10月に瀬上町の4号線沿いにオープンした實(みのる)さん

伊達市中畑売地の売主様からの帰りに、初訪麺です

DSC_0434

和風の店構え

一見、何屋さんか分かりませんが

DSC_0435

ちょっと斜めの看板が目印のラーメン屋さんです

DSC_0432

カウンターとテーブル席が複数あり、動線が広め

外観とは違い、洋風な感じでとてもオシャレです

DSC_0429

動物系×魚介系、こだわりのWスープが決め手の醤油ラーメン(690円)

煮玉子トッピング(100円)を注文

DSC_0433

小ネギと白ネギのダブル、メンマ、厚めのチャーシュー

三ツ山製麺の細麺で腰もあり喉越し良好

私の好きな味ですが、どこかで味わったことのある気も

次は、仙台味噌と京味噌をブレンドした味わい深い「味噌ラーメン」を食べたいです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月25日

ラーメン 自家製麺えなみ 福島市南矢野目 ワシワシ まぜそば くをん うろた 不動産

久しぶりに「えなみ」さんへ訪麺

仕事後に社長とご一緒させていただきました

enami

前回、次に来るときはワシワシを食べると決めていたためワシワシを注文

まず、卵を付けて食べる

卵をかけて食べる

スープをかけて食べる

DSC_0455

とのことでしたが、既にスープ切れ

うどんのように太い麺ですが、キッチリとコシがあり

食べ疲れるくらいのメニューです

まぜそばは基本的に好きなので頑張りましたが

スープ無しにつき、最後の方の味の濃さと戦いながら食べきりました

山岸社長、ごちそうさまでした

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月23日

ラーメン 中華そば一念 福島市荒井 昔ながらの中華そば 不動産

福島市荒井の一念さん

初訪麺

DSC_0338

防腐剤や着色料を使用しないことをモットーとし、食材・調味料を厳選しているという一念さん

DSC_0337

あまり見たことのないメニューもありますが

一番人気の昔ながらの中華そば(750円)と

水餃子(200円)を注文

DSC_0332

食券を買った後に気付いた私好みのメニュー・・・

まあ次の機会に

DSC_0333

なんともシンプルな中華そばが着丼

麺はかなりの色白美人

ワシワシした食感が特徴で、かなり好みの固さです

シンプルイズザベストといったお味

DSC_0336

サイドメニューの水餃子

そして、なんと一杯無料の鶏飯

うれしい限りです(*’ω’*)

DSC_0331

麺は全粒粉のようです

全粒粉は色がついて粒粒の見えるイメージでしたが

白めの麺もあるのですね

次は特製牛つめ盛麺でしょうか

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月22日

ラーメン 麺家くさび 福島市栄町 魚節豚骨麺 

水曜日に行けるラーメン屋として麺屋くさび

久々に行ってみました

kusabi

私の好きなドロドロした感じの豚骨ラーメンが沢山

DSC_0194

DSC_0193

DSC_0192

DSC_0195

魚節豚骨麺とネギチャーシュー丼を注文

DSC_0191

ねぎ油と魚油を加えた入りドロッとした感じの濃厚豚骨スープ

濃いめの味付けに、魚節の香りが口の中に広がります

DSC_0196

こちらネギチャーシュー丼

外れくじを引いたようで、ご飯がカッチカチでした( ;∀;)

濃い味を欲したときにまた伺います

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月19日

春の北海道物産展 中合 福島市 らーめん五丈原 ホタテバターみそらーめん

中合の北海道物産展に行ってきました

実家へ帰る予定だったのでお土産目的です

4/13(水)~19(火)の初日に伺うことが出来ました

まだ昼前でしたが、平日なのになかなかの人の多さ

とりあえずラーメンを食べに

DSC_0366

チラシに載ってた「ホタテバターみそらーめん」1,188円!

バターが多めに入っていてかなりまろやかな味噌ラーメン

4枚に見えるホタテは実は2枚です( ;∀;)

他にも醤油や、チャーシューメンなどホタテの無いメニューもありました

さて、お土産ですが、

DSC_0370

いつもついつい買ってしまうピッコロ

ノーマルタイプのチーズとスモークチーズ

毎回いらっしゃる売り子のお姉さんが可愛いからではありません

私も母もチーズが好きだからです(*´ω`)

DSC_0369

そしていつも買えなかった四角いシュークリーム

レアチーズ・カスタード・抹茶・ストロベリーの4種

やや厚めのシュー、キューブ状は珍しいですね

nakagou

この「トッピングソフトみたらし」も気になりましたが

お金と時間とお腹に余裕が無いので次の機会に!

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月15日

麺や伝心 福島市舘ノ前 伝心つけ麺濃厚魚だし ラーメン

去年の画像より

福島市舘ノ前の麺や伝心さん

おそらく2回目の往訪

伝心

伝心つけ麺濃厚魚だしと餃子を注文

本棚に漫画ナルトがあったので読んで待つことに

DSC_0018

モッチリとした太麺に魚介出汁の効いたアツアツスープ

長~いメンマとトロトロ半熟煮玉子

私好みのお味のつけ麺でした

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月5日

ラーメン 自家製麺うろた 鶏そば 福島市新町 part3 限定 黒いダイヤ トリュフ えなみくをん

珍しくTwitterを眺めながら、黒岩に新しくできたラーメン屋さんに行こうかなと考えていました

ラーメン屋さんで検索していたら、「うろた」さんの興味深いツイート

urota3

引用:うろた

面白そうだな~と思い徒歩で向かいました

開店ギリギリ前、既に30人ほど並んでいる状態

皆様トリュフ狙いかな?と思いながら待っていました

DSC_0539

第1集団が入店した後でもこの通り、外で10人以上が行列

メニューも以前と変わりないようなので、黒いダイヤが入っているであろう「鶏そば」(750円)を注文

また、量は多くないと聞いたので、前々から食べたかった「豚ロック」(450円)も追加

DSC_0540

ん?普通の「鶏そば」のような気がする

複数の鶏の旨味が凝縮されているスープ、やや濃いめ、深い甘味

麺は低加水の極麺ストレート。喉越しと小麦の香りがスープとの相性良し

低温調理チャーシューは、ドルチェポルコ豚が薄切りで重ねられています

鶏チャーシューはコリコリとした食感が特徴的

赤く見えるのはマイクロトマト

DSC_0541

豚ロックは食べやすいサイズでちょうど良かったです

食べていると店員さんの「黒いダイヤ限定850円って伝えて」との声が聞こえてきました

痛恨のオーダーミス!( ;∀;)

やはり、オーダー時に限定と言わないとトリュフの鶏そばは食べられない模様

私が店を出る12時くらいに初オーダーが入ったようです

中には、私のように残念なお客さんも居たのではないでしょうか?

帰り道、携帯片手に交差点をノンストップで右折するベンツのお姉さんに撥ねられそうになりながら帰ってきました

さすがに、私の低温調理されていないチャーシューではメルセデスには勝てません。ぶつからなくてよかったです

このままだと残念な休日になりそうなので、午後からは気分を入れ替えてジョギングにでも行きます

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月28日