麺や伝心 福島市舘ノ前 伝心つけ麺濃厚魚だし ラーメン

去年の画像より

福島市舘ノ前の麺や伝心さん

おそらく2回目の往訪

伝心

伝心つけ麺濃厚魚だしと餃子を注文

本棚に漫画ナルトがあったので読んで待つことに

DSC_0018

モッチリとした太麺に魚介出汁の効いたアツアツスープ

長~いメンマとトロトロ半熟煮玉子

私好みのお味のつけ麺でした

スタッフ斎藤

投稿日:2016年4月5日

ラーメン 自家製麺うろた 鶏そば 福島市新町 part3 限定 黒いダイヤ トリュフ えなみくをん

珍しくTwitterを眺めながら、黒岩に新しくできたラーメン屋さんに行こうかなと考えていました

ラーメン屋さんで検索していたら、「うろた」さんの興味深いツイート

urota3

引用:うろた

面白そうだな~と思い徒歩で向かいました

開店ギリギリ前、既に30人ほど並んでいる状態

皆様トリュフ狙いかな?と思いながら待っていました

DSC_0539

第1集団が入店した後でもこの通り、外で10人以上が行列

メニューも以前と変わりないようなので、黒いダイヤが入っているであろう「鶏そば」(750円)を注文

また、量は多くないと聞いたので、前々から食べたかった「豚ロック」(450円)も追加

DSC_0540

ん?普通の「鶏そば」のような気がする

複数の鶏の旨味が凝縮されているスープ、やや濃いめ、深い甘味

麺は低加水の極麺ストレート。喉越しと小麦の香りがスープとの相性良し

低温調理チャーシューは、ドルチェポルコ豚が薄切りで重ねられています

鶏チャーシューはコリコリとした食感が特徴的

赤く見えるのはマイクロトマト

DSC_0541

豚ロックは食べやすいサイズでちょうど良かったです

食べていると店員さんの「黒いダイヤ限定850円って伝えて」との声が聞こえてきました

痛恨のオーダーミス!( ;∀;)

やはり、オーダー時に限定と言わないとトリュフの鶏そばは食べられない模様

私が店を出る12時くらいに初オーダーが入ったようです

中には、私のように残念なお客さんも居たのではないでしょうか?

帰り道、携帯片手に交差点をノンストップで右折するベンツのお姉さんに撥ねられそうになりながら帰ってきました

さすがに、私の低温調理されていないチャーシューではメルセデスには勝てません。ぶつからなくてよかったです

このままだと残念な休日になりそうなので、午後からは気分を入れ替えてジョギングにでも行きます

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月28日

ラーメン 和屋 福島市飯坂町平野 炭火焼焼豚麺

水曜日が定休日のためなかなか伺えなかった和屋さん

先日、ようやく訪麺いたしました

DSC_0442

平野に売家が出たため、目の前を通り過ぎることはよくあったのですが、いつも混んでるイメージ

とら食堂の流れを汲むお店で麺は手打ち

スープは化学調味料を一切使わないこだわり

DSC_0441

堂々たるサイズと存在感の暖簾ですね

本日も混雑していて、第2駐車場に駐車。待っている人が数人いらっしゃいました

DSC_0443

DSC_0444

メニューは「中華そば」と「つけめん」にトッピング、飲み物とシンプルな品揃え

白河ラーメンでのつけ麺は初めてだったので興味がわきましたが

今回は炭火焼焼豚麺(チャーシューメン)をチョイス

DSC_0445

器一杯に盛られたチャーシューが目を惹きます

定番のモモ、バラ、カブリの3種類のチャーシュー

薄味のかなり優しいスープですが、甘みとコクがあります

私の想像していた白河ラーメンとは少し違った味わいでした

麺は他の白河ラーメン店よりやや硬めでコシがあり喉越しも良いです

いつになるかは分かりませんが、次はいよいよ「とら食堂」でしょうか

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月26日

麺屋えいたろう 横浜家系ラーメン 豚骨 桑折町 part2

また来ました麺屋えいたろう

DSC_0416

朝から何も食べていないので余裕だろうと思い

えいたろうラーメンを注文

DSC_0417

1,000円!

写真から察するに二郎系なのかなあと勝手に思い込んでいました

豚骨ラーメンの枠に出ていたので気づくべきでしたが・・・・

DSC_0419

見た目でやばいなあ・・・と思いながらも食べてみる

完全に家系ラーメン全部乗せといった具合です

かなり濃厚で量も多い・・・が

DSC_0421

あっという間に平らげました(*’ω’*)

怪しげな液体が残るのみ!

もちろん飲み干せません

DSC_0418

いろいろな選択肢がありますが

次はもう少し軽いメニューにしたいです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月19日

ラーメン 姫系あっさり塩 二本松市 ふくのとり 福島鶏白湯専門店 part2

二本松市本町の麺処「若武者」の水曜日限定セカンドブランド、福島鶏白湯専門店 「ふくのとり」

二本松に用があり、二度目の訪麺

DSC_0439

あいにくの雪で外に人は並んでいませんでした

ですが、中はやはり待っている人多数

今回は、前回食べれなかった「姫系あっさり」+味玉(920円)を注文

DSC_0438

混雑につき大分待ちましたが無事着丼

三重県桑名産天然蛤をたっぷりと使った福島鶏白湯とのWスープとのこと

姫系あっさりという名ですが、鶏白湯の主張がしっかりとしています

見た目もキラキラと輝く綺麗なスープに鮮やかな盛り付け

全粒粉熟成低加水のストレート細麺に、豚・鶏の低温調理チャーシュー、蛤、穂先メンマ

思っていたよりも濃厚な感じがしました

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月13日

ラーメン 中華そば屋佐藤 焼豚中華 ワンタン麺 福島市小倉寺

管理物件の清掃日の昼食

福島市小倉寺の中華そば「佐藤」さんへ初訪麺

DSC_0402

平日でしたが、お昼時ということもあり大変混雑していました

水曜日が営業日という、不動産屋に優しい営業日です

DSC_0403

白河ラーメン屋さんなので普通なのでしょうが

メニューを見る限り醤油一本の模様

DSC_0404

ドリンクにはカルピスの文字が・・・

なかなか珍しいですね

DSC_0405

麺の固さとスープの濃さを調整できるようです

白河ラーメンは麺が柔らかいイメージだったので固めをチョイス

メニューは焼豚中華をオーダーしました

DSC_0406

具はメンマ、ナルト、海苔、カイワレ、小口葱

チャーシューは、少し燻製された赤身のあるモモ肉とバラ肉

形状から察するにかぶり肉もあるようです

やや固めとトロットロのチャーシュー3種が楽しめます

DSC_0407

こちらはワンタン麺

ワンタン麺でもチャーシュー2種類が入っているようです

ワンタンは具がやや多めの熱々ワンタン

どちらも私のイメージする白河ラーメンより麺がやや細め

固めで頼みましたが、やはりモチモチ感がかなり出ていました

個人的には白河ラーメンは相性が良いので、他の白河ラーメンも食べてみたいです

福島市飯坂町の「和屋」さんと、白河市の「とら食堂」さんにはいずれ行く予定です

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月8日

ラーメン 麺処あんかつ 醤油ラーメン 福島市松川町

昨日に引き続き去年の画像から(;´∀`)

あんかつ3

さて、画像の通り半袖のお客さんが居るように

まだ暑い時期、オープンしたての頃に訪麺しました

並んではいなかったですが、店内はほぼ満席

あんかつ

メニューの一番上に載っていた醤油ラーメンをオーダー

あまり待つこともなく着丼

あんかつ2

低温調理チャーシューが鮮やかな醤油ラーメン

低加水麺であろう、しなやかなコシの細麺

丸鶏と魚介スープのバランスも良く上品な仕上がり

今は、「辛いまぜそば」なるメニューが話題になっていますね

機会があればまた伺いたいです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月7日

ラーメン 自家製麺えなみ 塩らぁめん 福島市南矢野目 part2

尽きかけたブログのネタを探しにスマホの写真を眺めていると良い画像が…

はい、今回もラーメンです

今日から三日間、ブログはラーメンです

3号店となる自家製麺「うろた」さんを開店し、絶好調の自家製麺「えなみ」さん

えなみ1

この時の訪麺時には、塩らぁめんを注文

メニューを見ているといろいろ迷ってしまうのですが

前回来た時に「次は塩にしよう」と決めていたため注文しました

えなみ

この画像は去年のものなので、多少の違いはあるかもしれません

ワシワシも食べたいですね(^q^)

えなみ 塩そば

細くてもコシの強い超極細ストレート麺

川俣シャモから出た黄金の鶏油がキラッキラに輝いています

軟骨入りで、コリッとした食感が楽しめる肉団子

「うろた」さんでも見掛けた鶏チャーシューとコリコリのメンマ

凝縮された鶏の旨味が詰まった出汁が口に広がります

次はワシワシにします

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月6日

ラーメン 泡系こってりふくのとりセット 二本松市 ふくのとり 福島鶏白湯専門店 

二本松市本町の麺処「若武者」の水曜日限定セカンドブランド、福島鶏白湯専門店 「ふくのとり」がオープン

店舗は同じで、普段は「若武者」、水曜日だけ「ふくのとり」という営業形態です

会社との定休日が重なりオープン日にお店に伺うことができました

DSC_0383

11時10分頃でしたが、私は外待ち第1号( ;∀;)

のれんやのぼりも「ふくのとり」仕様になっています

週一営業ですが、力の入れ具合が伝わってきますね

DSC_0384 DSC_0385

麺のメニューは2種類

・福島鶏白湯 泡系こってり(醤油と塩の重ね味)

・福島鶏白湯 姫系あっさり(塩)

DSC_0386

セットメニューは

■姫系or泡系ラーメン
■漢方薬 南杏を搾って仕込んだ自家製杏仁豆腐
■川俣シャモと根菜と福島県産五穀米の炊き込みご飯
■二本松産の野菜を使った たなつものオイルのドレッシング ミニサラダ
■二本松東和地区産 桑の葉ほうじ茶 (セルフ)

DSC_0387

朝食を抜いてきた私は、泡系こってりふくのとりセットを注文

川俣シャモ・会津地鶏・伊達鶏の福島三大鶏を大量に使い、3日かけて炊き上げた鶏100%の濃厚コラーゲンスープ

ホイップして濃厚コラーゲンスープを泡系に仕上げ

ホイップにより乳化させ舌の上で滑らかになり香りと熱を閉じ込めているとのこと

DSC_0388

濃度の高いホイップスープが麺との絡みもばっちり

ライス投入が良く合うスープでしょうね

低温調理チャーシューのモチっとした食感も良かったです

川俣シャモと根菜と福島県産五穀米の炊き込みご飯も、独特の香りがあり面白い味わい

杏仁豆腐もきちんと南杏を使う徹底ぶり

桑の葉ほうじ茶は、道の駅とうわで飲んだものより若干濃いめでした

次は姫系あっさりにトッピングしたいですね(・∀・)

スタッフ斎藤

投稿日:2016年2月25日

麺屋えいたろう 横浜家系ラーメン醤油 桑折町

桑折町の国道4号線沿いセブンイレブン近くのラーメン屋さんがまた新しくなっていました

DSC_0317

「麺屋えいたろう」さんです

以前は「夢元らーめん」さんでした

桑折4

その前は「釜神」さんだった気がします

よくお店が変わる店舗ですが、「麺屋えいたろう」と「夢元らーめん」では

メニューの内容が大分似ているようでした

DSC_0318 DSC_0319

上が「えいたろう」、下が「夢元」です

桑折5 桑折2

豚骨ラーメンを中心として、節骨や二郎系とやはり似ている

店員さんは違っていたようですが、一緒に働いていたのかもしれませんね

DSC_0321

今回、「えいたろう」さんでは横浜家系ラーメン醤油をいただきました

かなり濃厚な味付けになっていました

桑折

以前に「夢元」さんで食べたのが節骨ねぎらー麺

系統は違いますが、節粉の効いたこちらもしっかりとした味付けでした

えいたろうさんはアンケートを取り、味付けやスタッフの対応などを勉強されているようです

私好みのメニューが多いので長く続けてほしいです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年2月15日

16 / 18« 先頭...10...1415161718