マニー・パッキャオ引退 ボクシング


フィリピン出身のプロボクサー、マニー・パッキャオは

ティモシー・ブラッドリーとの一戦を最後に現役を引退して政治活動に専念すると表明し

フロイド・メイウェザー・ジュニアとの再戦を期待する声を一蹴した

pack3

出典:yahooニュース

将来は大統領選に出馬する意欲を示しているパッキャオは

今年4月9日にブラッドリーとの通算3度目の対戦に臨むことになっており

リングに立つのは昨年5月に行われたメイウェザーとの「世紀の一戦」に敗れて以来となります

pack

パッキャオはその階級で最強と目されるボクサーを相手に勝ち続け実質8階級制覇したアジアの英雄

圧倒的なスピードと超人的スタミナ、極めて好戦的なファイトスタイルが特徴

ハードパンチャーでありながら、あらゆる角度からのパンチも放てる手数の多さも兼ね備えていました

近年は衰えが見え始め、「いつ引退するのか」というのが話題に上がるようになりました

引退は仕方のない事だとは思いますが、最後の相手がブッラドリーというのが残念です

pack2

個人的には、因縁の相手であるファン・マヌエル・マルケスとの5回目の戦いで終幕としてほしいところです

スタッフ斎藤

投稿日:2016年1月8日