福島県立美術館 「フェルメールとレンブラント展」 前売り券発売中 


現在、空調設備等の改修工事で2016年3月まで休館中の福島県立美術館ですが

4月6日(水)より東日本大震災復興事業として

フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」が開催されます

vermeer_meisje00 vermeer_milkmaid00

フェルメールといえば、教科書で誰もが見たことのある

「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの娘)」と「牛乳を注ぐ女」がとても有名です

フェルメールブルーと呼ばれる鮮やかな青色は、非常に貴重な鉱石ラピスラズリが原材料

17世紀には金よりも貴重であったと言われています

fer

今回は「水差しを持つ女」という初来日の作品が展示されるそうです

女性の日常生活を描いた作品が多いため、構図が似ていますね

rem

一方のレンブラントは、光と影の明暗を明確にする技法が得意で、光と影の魔術師と呼ばれています

「夜警」が代表的な作品です

rem2

画像:福島県立美術館

こちらも初来日の「ベローナ」という作品が展示されます

滅多にない機会なので、皆様も絵画鑑賞はいかがでしょうか?

スタッフ斎藤

福島民報社などでつくる実行委員会が東日本大震災復興事業として催す。

前売り券と団体券は一般1300円、大学生900円、高校生600円。

県内の高校生は学校での手続きで観覧料が免除される。当日券は各200円増。

中学生以下無料。展示会は5月8日まで。

出典:福島民報より

投稿日:2016年1月19日