ご当地「フチ子」でPRを! アフターDC、カプセルおもちゃ作製


県中地方振興局は、ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)の「アフターDC」(4~6月)推進に向け、

カプセルおもちゃ「コップのフチ子」のご当地オリジナル版「顔ハメのフチ子」を作製し、1日から活用を希望する団体の申し込み受け付けを開始する。

 「ふくしまど真ん中!元気プロジェクト」の一環。

顔ハメ看板には、白河だるま、土湯こけし、三春駒など中通りの伝統工芸品、温泉、日本酒などのイラストをデザインし、PRした。

非売品で4800個を作った。アフターDCを盛り上げる事業、イベントを行う団体で、申請した団体を対象に、1事業につき24個を目安に無償で提供する。

企画内容やPR効果などを審査して提供団体、事業を決める。

fuchiko2

出典:福島民友

何度かご紹介したコップのフチ子ですが、どうやら福島県ともコラボしているようです

福島ディスティネーションキャンペーンの一環らしいのですが、無償提供される模様

fuchiko

若干欲しい気もしますが、コップのフチ子同様

使う場面が思い浮かびません

マニアックな代物ですね

スタッフ斎藤

投稿日:2016年2月7日