ネコノミクス 経済効果は2兆3千億円 ペット可物件


和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長で、昨年6月に死んだ三毛猫「たま」の人気や、

猫をテーマにした書籍やスマホゲームのヒットなど最近の猫ブームがもたらす経済効果「ネコノミクス」について、

関西大の宮本勝浩名誉教授(数理経済学)が試算したところ、

平成27年は飼育費やグッズ売り上げ、観光費用などを含め、約2兆3千億円に上ったことがわかった。

neko

出典:yahooニュース

「全国犬猫飼育実態調査」によると、猫と犬の飼育数は23年には犬が233万匹多かったが、27年には猫が約4万匹差まで迫った。

今後、高齢化や1人暮らし世帯の増加により、犬に比べて散歩などの世話の負担が少ない猫の飼育数は犬を逆転するとみられるとのこと。

凄い経済効果ですね(・∀・)

確かに、賃貸のお問合せでもペット可物件については年々増えていっているように感じます。

特に、ご年配の方でも犬や猫を飼っている方が多く、お部屋探しに苦労されているようです。

飼われる人が増えるにつれて、ペット可物件も増えるとは思われますが

放し飼いにされますと、糞尿や悪臭、騒音、車両への傷などトラブルも発生しやすいです。

ペットがいるのが当たり前という考え方ではなく、周囲の人たちの理解と協力があって飼えるということもご考慮願えればと思います。

スタッフ斎藤

投稿日:2016年2月12日