Googleの囲碁AI  vs トップ囲碁棋士 ソフトの連勝


Googleの人工知能AlphaGoと、現役トップ棋士イ・セドル(Lee Sedol)9段の対局が3月9日にあり

第一局と第二局はコンピューターであるAlphaGoが勝利!

対局は、3月9日、10日、12日、13日、15日の全五局

勝者は賞金100万ドル(約1億2900万円)を獲得する。李九段には対局料と一局ごとに勝利報酬もあるとのこと

igo2

出典:Engadget

囲碁は将棋のように強いソフトが作られておらず

盤面も広く場合の数が多いので、コンピューターがトップ棋士に勝つのは何年も先だと思われていました

今回対局したのは、世界レーティングでもベスト5に入るトップ棋士

日本トップの井山祐太6冠も3位につけています

igo

チェスは完全にソフトの方が上ですし、将棋もトップ棋士が最新ソフトに勝ち越すのは難しいと思います

囲碁はまだまだ安泰と思われていましたが、急に危険な状態に陥りました

かといって囲碁の魅力がなくなるわけではなく、人間同士の対局には、その時の背景があり

人間ならではの心情、指し手、ミスなど、機械にはない面白みがあります

人間よりも強いからといってソフト同士の対局を見ても、人間同士のような期待感はありません

今後も、人と人の対局は長く続くのではないでしょうか

スタッフ斎藤

投稿日:2016年3月12日