将棋 史上最年少プロ棋士藤井三段


9月3日(土)に将棋会館で行われました第59回奨励会三段リーグ戦において、藤井聡太三段と大橋貴洸三段が四段昇段を決めました。

最終成績は藤井三段13勝5敗、大橋三段12勝6敗の成績です。四段昇段日は2016年10月1日付となります。

藤井聡太三段の四段昇段年齢は、加藤一二三九段の14歳7ヶ月の記録を5ヶ月更新し、14歳2ヶ月で史上最年少プロ棋士誕生

また加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治三冠(王位・王座・棋聖)、渡辺明竜王に次ぐ5人目の中学生棋士となります。

出典:日本将棋連盟

将棋

年間4人しかプロになれない将棋棋士ですが、その中でも10代で棋士になれる人でも将来有望とされています

今回は、中学生でのプロ棋士ということで、渡辺竜王以来16年ぶりの快挙です

中学生棋士は必ずタイトルを獲っており、竜王や名人などビッグタイトルも獲得しているのが当たり前

今後の活躍が期待されます

スタッフ斎藤

投稿日:2016年9月4日