福島市野田町の「めんや 薫寿弐番屋」にて「薫寿そば」をいただく


薫寿さんに弐番屋ができたとのことで訪麺しました

場所は薫寿さんと同じ建物内です

IMG_7100

三ツ山製麺工場ラーメン事業部があった場所です

IMG_7095

薫寿そば(750円)+チャーシュー(220円)

IMG_7098

「めんや 薫寿」と「弐番屋」の違いを知るべく薫寿そばをオーダー

IMG_7099

細ストレート麺、大振りチャーシュー、角切りメンマ、白髪ネギ、鮮糸唐辛子、青海苔

麺は低加水で歯切れの良い食感

塩で旨味が増した、鯛の淡い風味のまろやかあっさりスープ

鯛の節やアラでとった出汁とのこと

コクの深いダシが合わさり、鯛の香りが強いため、魚介が苦手な人には向きませんが

他では味わうことのできない美味しいラーメン

味音痴の私からすると、「めんや 薫寿」と「弐番屋」の「薫寿そば」味の違いは・・・ない

他のメニューも食べてみたいですね

スタッフ斎藤

投稿日:2017年10月5日