売家 郡山市安積町笹川 1,698万円 6SDK 安積第三小 / 安積第二中学区

リフォーム済

前面道路南側、オウチも南向き

陽当りの良いお家をお探しの方、閑静な住宅地です

⇩⇩ 物件詳細はコチラ ⇩⇩

⇩⇩ 売買物件リクエストはコチラ ⇩⇩

投稿日:2014年12月5日

売家 郡山市大槻町 6DK 1,998万円 桜小 / 郡山第一中学区 趣のある和風住宅

リフォーム済

ヨークベニマル様まで700m

桜小学校1100m

⇩⇩ 物件詳細はコチラ ⇩⇩

投稿日:2014年12月2日

任意売却の費用

5.任意売却の費用

 

不動産の任意売却にかかる費用は、通常の不動産売却と同じです。

不動産会社としては、不動産が売却できた時に、仲介手数料をいただきます。

 

「仲介手数料」=(売買価格×3%+6万円) × 消費税
※売買価格が400万円超の場合

例えば、1,000万円の不動産取引であれば、36万円×消費税=378,000円になります。

 

仲介手数料は、
実際に売買が決まったときに、
債権者の了解を得て売買代金の中からいただくので、
まとまったお金をあらかじめ準備できないような場合でも、
任意売却を当社に依頼いただいて大丈夫です。

 

又、競売と比較した場合、
任意売却の場合は競売よりも高く売却できるので、
仲介手数料を差し引いても、
競売よりも売主様の返済額は多くなる場合がほとんどです。
売主様には十分なメリットがあります。

 

その他、売却に必要な費用として、
抵当権の抹消登記費用などがありますが、
仲介手数料と同様に、債権者と交渉し、売買代金の中から精算していただきます。
手出しの負担がなく、任意売却をする事が可能です。

 

任意売却トップへ戻る

 

投稿日:2014年12月1日

任意売却を検討した方がいい場合

4.任意売却を検討した方がいい場合

 

次のような場合は、早めに任意売却を検討してみて下さい。

 

1.住宅金融支援機構より「最終通告」が来ている場合

2. 住宅ローンの債権者(銀行など)より「担保不動産競売開始決定通知」が来ている場合

3.住宅ローンの債権者(銀行など)より「期限の利益の喪失通知」が来ている場合

4.サービサー(債権回収専門会社)より「代位弁済通知」が来ている場合

5.月々の住宅ローンの返済が遅れがちでお困りの場合

6.消費者金融からも借り入れがあり、住宅ローンの返済を滞納しがちでお困りの場合

7.会社の倒産やリストラ、家庭の事情などで、今後の住宅ローンの返済が見込めない場合

8.借金返済のため不動産を売りに出しているが、売れなくてお困りの場合

 

このような場合、できるだけ早めに当社にご相談ください。

 

次へ 5.任意売却の費用

任意売却トップへ戻る

 

投稿日:2014年12月1日

任意売却の流れ

3.任意売却の流れ

 

① 住宅ローン(債務)の延滞、滞納(金融機関からの督促)

② マコトーマスへご相談・ご依頼(現状把握、物件調査)

③ 金融機関と当社が交渉・相談

④ 専任媒介契約の締結

⑤ 販売活動開始

⑥ 購入申込

⑦ 債権者と当社が交渉

⑧ 債権者との合意

⑨ 売買契約締結

⑩ 残債務の支払方法の決定

⑪ 残金決済、所有権移転登記手続き、物件の引渡し

⑫ お客様の再スタート

 

目安として、当社にご相談いただいてから、3ヶ月~5ヶ月(最低2ヶ月)ほどかかります。

 

4.任意売却を検討した方がいい場合

任意売却トップへ戻る

 

投稿日:2014年12月1日

任意売却のメリット・デメリット

2.任意売却のメリットとデメリット

 

<任意売却のメリット>

1.市場価格に近い価格で売却できる(競売よりも高く売却できる)

2.債権者への返済額が多くなるため、残債務が少なくなる

3.一般の不動産売却と同じ方法で売却するため、債務の返済に困っている事を秘密に売却できる。(競売情報はネットなどで一般に公開されます)

4.任意売却後の残債務の返済について柔軟に対応してもらえる(債権者と残債務の返済方法について相談できます)

5.原則、売買時の仲介手数料や抵当権の抹消登記費用などの売却に係る諸経費の持ち出しがない
(売却価格から差し引かれるため。※債権者との話し合いが必要です。全ての諸経費が認められるわけではありません。)

6.引渡し時期について、購入者と相談できる。(一般の不動産売却と同じ方法のため、購入者と柔軟に相談できます。)

 

<任意売却のデメリット>

1.ブラックリストに情報が記載されます。(競売も同様)
(住宅ローンを3ヶ月以上滞納した時点で記載されるのであって、任意売却が原因で記載されるわけではありません。)

2.不動産会社への依頼、売買契約・登記の協力など、自ら積極的に動く必要がある。
(競売の場合、本人が何もしなくても、競売手続は進んでいきます。最終的には出て行かなければなりません。)

競売と比較した場合のデメリットはほとんどありません。

 

次へ 3.任意売却の流れ

任意売却トップへ戻る

 

投稿日:2014年12月1日

任意売却とは何か?

1.任意売却とは何か?

不動産業界や、金融機関さん、法律事務所さんは知っているのですが、
一般の方は「任意売却」という言葉自体知らない方がほとんどだと思います。
なので、まず、任意売却とは何なのか?について。

任意売却とは、住宅ローンなどの借入金の債務者がその支払いが難しくなったとき、
不動産を競売にかけずに債務者(不動産の所有者)と
債権者(抵当権者、金融機関など)が合意のうえで
不動産の売却を成立させることを言います。

通常、債務者(不動産の所有者)と債権者(金融機関など)の間に
仲介者(弁護士、司法書士、不動産仲介会社など)が入るケースが多く、
不動産の売却は不動産仲介会社が行います。

経済状況の変化、リストラ、減給、勤務先の倒産、カードローン借入、
離婚など家族の事情、健康上の都合など、
何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、
通常、債権者である銀行等金融機関は、抵当権に従って、
所有者(債務者)の不動産を競売(強制売却)にかけ、現金にして債務返済に充当しようとします。

一般的に、競売の場合、市場価格より2~4割低い価格になることが多く、
その分、債務者の住宅ローン返済額も少なくなります。
そこで不動産仲介会社を仲介役として債務者(不動産所有者)と債権者の間に入り、
なるべく両者に満足のいくような価格でこれを売却することを任意売却と言います。

債権者の立場からしても、時間と費用と手間をかけて競売手続きをするよりも、
スピーディーに任意売却をして市場価格で売却し、多く返済してもらう方がメリットがあります。

また、任意売却後の残債は、債権者・抵当権者の合意を得て任意売却した場合、
競売とは違い、生活に支障のない範囲(月3万円など)で残債務を確実に毎月支払えば、
常識的な債権者(抵当権者)は給与差押などの強制執行は行わないケースがほとんどです。

次へ 2.任意売却のメリット・デメリット

任意売却トップへ戻る

 

投稿日:2014年12月1日

任意売却 住宅ローン返済のお悩み ご相談は マコトーマスへ

住宅ローンの返済にお悩みではありませんか?

 

さまざまな状況の変化により、住宅ローンの返済にお困りの方がいらっしゃると思います。
返済が滞り、競売にかけられてしまう不安を抱えていらっしゃる方もいると思います。
黙って競売にかけられるのを待つよりも、メリットの多い「任意売却」という方法があります。
当社では、任意売却のご相談に乗らせていただき、お客様の再スタートのお力になります。
「任意売却」という言葉を聞きなれない方も多いと思います。

任意売却とはどういうものなのか?まずは↓をクリックしてみてください。

1.任意売却とは何か?

2.任意売却のメリット・デメリット

3.任意売却の流れ

4.任意売却を検討した方がいい場合

5.任意売却の費用

 

現在お住まいの住宅を売却するということは、お客様にとって重大な決断であり、
さまざまなご不安もあると思います。
当社では、お客様の状況に十分配慮し、お役に立ちたいと思っております。
秘密は厳守いたします。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

投稿日:2014年12月1日

住宅ローンのシュミレーション 借入可能額、返済額を試算

不動産の購入にあたり、ほとんどの方が利用される住宅ローン。

 

気になるのが

どのぐらい借りられるのか?

月々の返済額はどのぐらいになるのか?

諸費用がどのぐらいかかるのか?

 

まずは気軽に↓をクリックして試算してみましょう!

1.返済額の試算

2.借入可能額の試算
・年収から試算
・月々の返済額から試算

3.住宅取得諸費用の試算

 

なお、この試算は、借入額を保証するものではありません。

住宅取得費用についても、不動産によって、変わってきます。

あくまで目安としてご確認ください。

 

投稿日:2014年12月1日

売地 福島市北中央 134坪 2,300万円 野田小 / 野田中学区 西道路アクセス良好!

人気の西道路そば133.92坪の広い土地!

JR奥羽本線「笹木野駅」まで徒歩7分

野田小 / 野田中学区になります!

⇩⇩ 物件詳細はコチラ ⇩⇩

⇩⇩ 売買物件リクエストはコチラ ⇩⇩

投稿日:2014年11月21日