福島市 郡山市 不動産情報 売買(土地、戸建、マンション、投資・収益物件) 賃貸(アパート、マンション、貸家、駐車場)管理のご相談は福島市の不動産会社マコトーマスへ

(株)マコトーマス 郡山営業所

お気軽にお問い合わせください
phone024-529-6782
mailメールでのお問い合わせ
menu

博多純情ラーメンshinshin

先日の福岡研修の際、博多駅で博多ラーメンをいただきました。

福岡の博多純情らーめんの店【博多らーめん ShinShin】

http://www.hakata-shinshin.com/

 

img_2341.jpg

ねぎラーメン750円を頼みます。

img_2344.jpg

ねぎたっぷり。

 

お昼ご飯を食べたあとの14時すぎぐらいにお店に入りました。

お腹はすいてなかったですが、せっかく博多に来たので、がんばって食べました。

うまかったです。

せっかく福岡来たら、博多ラーメン食べて帰らないとですよね。

山岸 誠

福岡研修

先日、宅建協会福島支部として、福岡県宅建協会を訪問させていただき、福岡県宅建協会の活動について勉強させていただきました。

福岡県の宅建協会の不動産情報サイト、ふれんずの話も聞かせていただきましたが、とてもわかりやすく使いやすいサイトでした。

http://www.f-takken.com/

その他、福岡県宅建協会さんの取り組みについて勉強させていただき、とても充実した研修でした(^-^)

山岸誠

雨の仙台空港

今日明日と宅建協会福島支部の研修で、福岡県に行きます!

福岡県宅建協会を訪問し、宅建協会の運営、事業活動について勉強いただく予定です!

雨の仙台空港です。

九州は台風が近付いてますが、天気予報を見るとなんとかなると思います(・・;)

宅建協会福島支部の幹事をやらせていただいてますので、協会運営についてしっかり学んで今後に活かしたいと思います!

山岸誠

福島市消防団第三方面隊の規律訓練に参加

先日、所属する消防団にて、規律訓練に参加しました。

img_2210.jpg

今回の訓練は信陵中にて、行われました。

所属する地元の消防団だけでなく、第三方面隊全体の訓練のため、200名以上の参加。

有事の際に、大人数が指揮系統に従い、一貫して活動するために、規律訓練は大切な事なのだと思います。

会社の経営者としても、組織運営の大切な点の気づきになります。

山岸 誠

道の駅国見 あつかしの郷に行ってみた。

先日、道の駅国見あつかしの郷へ初訪問。

今年の5月3日にオープンしました。

img_2218.jpg

駐車場も広いですが、建物まわりもスペースが広々と余裕があり、気持ち良いです。

img_2219.jpg

 

img_2222.jpg

中は地域の名産品等販売しております。

img_2232.jpg

国見バーガー販売してます。

img_2238.jpg

せっかくですので、国見バーガー(クラシック)をいただきます。

img_2239.jpg

サバの味噌煮がはさんであります。

うまうま。すごい勢いでたいらげました。

 

img_2240.jpg

こども向けスペースもあります。

こども木育広場つながるーむ

うちの娘(11か月)と一緒に入室。

たぶんおっさん1人では受付で断られます。

img_2248.jpg

中は木のぬくもりを感じれるスペース、おもちゃ、遊具がいっぱい。

子供たちは裸足でかけめぐります。

img_2249.jpg

うちの娘は、0~1歳用の区切られたスペースでしずかに遊びました。

区切られているので、赤ちゃんも安心です。

 

img_2253.jpg

ぷはー。たくさん遊んで満足した娘です。

 

img_2235.jpg

道の駅国見あつかしの郷、来場者100万人超えたようです。

私が行った日も平日でしたが、お客さんは多かったです。

 

うまいもの食べて、買い物して、娘と遊んで、大満足でした。

皆さんもぜひ足を運んでみてください。

山岸 誠

コーヒーサロンせいざん@アンナガーデン

昨日の休日、久々に家族でアンナガーデンに行きました。

嫁さまと娘(生後11か月)と3人で、久々のちょっとしたお出かけ。

嫁さまがずっと赤ちゃんを抱っこしていたのですが、

なかなか買い物(お祝い品選び)も大変そうなので途中で抱っこを交代。

 

嫁さまに買い物をお願いし、抱っこヒモで前抱っこして娘とアンナガーデンをぷらぷら。

 

ぷらぷら奥まで歩いていると、コーヒーの良い香りがしてきました。

 

20120404163629619

※画像は公式ホームページから借用。

 

コーヒーサロンせいざんさんでした。

http://www.seizan-coffee.com/publics/index/9/

 

 

ぷらっと入店。

赤ちゃんが泣くと周りに迷惑がかかるので、外のテラス席に行きました。

 

店員さんが「赤ちゃん、寒くないですか?」と声をかけてくれました。

赤ちゃんが声出して迷惑がかかるので、外の方が良いかと思ってと伝えると

「大丈夫ですから、心配なさらず、中にどうぞ」と言ってもらえました。

お言葉に甘えて、再度中に。

 

ちょっと一息コーヒーブレイク

 

 

ぷふぅー、うまい。

 

娘とスプーンであそびながら、いやしのひと時。

最後は、娘がグズりだしたので、さっとお店を出ました。

最後にお気遣いいただいた店員さんにお礼を一言。

 

そういった気遣い、声がけは大変うれしいものです。

ありがとうございます。

 

山岸 誠

大曲の花火梅酒

少し前に当社斎藤からお土産をもらいました。

じゃん!大曲の花火梅酒!

レトロな箱でステキです。

中身どん!

花火玉風の丸い瓶に入ってます。
面白いですね。
大曲の花火大会のお土産にぴったり、もらった人も嬉しいです(^ ^)

ちびちびと少しずついただいております。
ありがとうございます。

山岸誠

住宅ローン免除制度について

東日本大震災で被災された方々を対象にした、

住宅ローンが免除される制度について、ご存知でしょうか?

 

img_2141.jpg

 

詳細は以下、政府広報のサイト

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/1.html 

もちろん、だれでも住宅ローンが免除されるわけではありません。

ポイントは、以下のとおりです。

・被災された方の再建を支援する為の制度。

・被災された事により、住宅ローンの返済が困難な方が対象。

・震災前に、住宅ローンをきちんと支払っていた方が対象。

・破産等の裁判手続きと違い、個人信用情報(いわゆる、ブラックリスト)に登録されない。

・弁護士等の専門家の費用が無料。(国が負担)

・手元に現金500万円までを自由財産として残せる。(プラス、支援金等も)

※破産手続きだと、自由財産は99万円まで。

 

さまざまな条件があり、だれでも免除されるわけではありません。

国の制度として、こういった制度がある事がまだまだ知られてないようです。

被災された方で住宅ローンの支払いに困っておられる方は、ぜひ相談してみてください。

個人版私的整理ガイドライン運営委員会 コールセンター

0120-380-883

 

山岸 誠

9月10日不動産フェア開催!

9月10日、第34回ハトのマークの宅建協会主催、不動産フェアが開催されます!

場所はエスパル福島、5Fネクストホールにて、10時~16時。

img_2143.jpg

http://f-fair.com/index.htm

福島、県北エリアの不動産情報が多数展示されています。

不動産の専門家による不動産無料相談コーナーもあります。

不動産をお探しの方、不動産でお困りごとがある方、

ぜひぜひご来場ください!

 

私は不動産無料相談の午前の部担当として、参加します!

会場で皆さまをお待ちしております!

 

山岸 誠

東日本大震災時のJR九州さんの決断

先日、船井総合研究所の全国大会にて、JR九州、唐池会長の講演をお聞きしました。

JR九州-2

夢見る力が「気」をつくる~逆境から「ななつ星」を生み出し、株式上場を果たす~

という主題でのお話でした。

JR九州の「ななつ星」のサイト

https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

 

ななつ星の話を聞いて、ぜひ一度乗ってみたい!と思いました。

唐池会長のお話はたくさん勉強になるところがありましたが、

私が福島人として特に興味深かった話を一つだけご紹介します。

 

2011年3月11日、東日本大震災の発生。

その翌日、2011年3月12日にJR九州新幹線、全線開業式典を控えていたそうです。

JR九州の職員さんは、開業式典の準備に追われている状況でした。

 

当時、JR九州の社長だった唐池社長は、テレビで被災状況を確認され、

「国難」とすぐに判断し、すべての式典と祝賀会の中止を決断されたそうです。

その決断まで、大震災発生後から1時間15分ぐらいだったとの事。

 

それを各地域の行政に連絡したところ、驚きと反対の声もあったようです。

なぜなら、JR九州の全線開通というのは、40年間の悲願であり、

その記念式典や祝賀会もまた、2年以上前から準備されていたものでした。

お金や時間、思いやエネルギーをかけて準備をしてきたものでした。

 

唐池社長は、その思いや今までの大変さもわかっていた為、

苦渋の決断、涙を飲んで中止にされたようです。

 

日本国民として、あれだけの被害にあっているだから、中止するのは当然だと考え、決断は揺るがなかったようです。

 

その時は、各自治体から異論もあったようですが、

結果として、東日本大震災の被害の大きさが徐々にわかるにつれ、JR九州の判断は正しかったと言われたようです。

 

この話を聞いて、被災者として、経営者として感じるものがありました。

ひとつは、被災者として

私は当時、地元の消防団としての給水活動や警備活動、家族や会社の事に追われていましたので、そのような事があったのも知りませんでした。

東日本大震災発生当時、遠く九州からそのように我が身の事のようにとらえ、

大切な自分たちのお祝い事を自粛されていた方々がいらっしゃったということ。

その事を知り、その思いに対して、ありがたさと申し訳なさを感じました。

 

もうひとつは、経営者として

そのような苦渋の決断を震災発生から1時間15分という早い段階で正しい決断をされた事について考えさせられました。

物事の本質を理解され、

自分にとって、会社にとって、九州にとって、国にとって、

本当に大切なものは何かというのが明確になっていたため、

ぶれなかったのだと思いました。

 

唐池会長のお話からたくさん考えさせていただきました。

私自身、有事の際に正しい判断ができるように、自己研鑽していかねばと思いました。

 

山岸誠

 

« 2018年11月»
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 休業日

営業時間のご案内
平日 9:30~18:30
土曜 9:30~17:00
日曜 9:30~15:00